sunoco日本サン石油株式會社

What's Oil?

ホーム > 製品情報 > オートモーティブルブ > What's Oil? > エンジンオイルの役割

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは、エンジンが正常に動く事を助ける大切な役割があり、それぞれ性能があります。

潤滑性能
エンジン內部の金屬同士が觸れ合うところにオイルが供給され、摩擦の低減と金屬磨耗を防止しています。

密閉作用
ピストンとピストンリングの隙間に入り込み爆発エネルギーを密閉、爆発ガスの吹き抜けを防止。圧縮行程でも密閉効果により、圧縮漏れを防止しています。

応力分散性能
極端に強い力が加わる場所にオイルが存在することでオイルがショックを受け止め、吸収して力を分散させます。

冷卻性能
エンジン內部は高溫になります。エンジン內部で最初に熱を受け止めるのがオイルです。オイルはピストンとピストンリング、ピストンリングとシリンダーの隙間に入り込み熱を奪いながらオイルパンに戻り、冷卻性能を発揮します。

清浄分散性能
エンジン內部に発生する燃えカスやカーボンなどの汚れをオイルに取り込むことで、エンジン內部に付著することを防いでいます。オイルが黒く汚れるのはこの性能を発揮しているからです。

防錆性能
オイルが金屬面に付著することで水分や酸素、有害ガスなどと直接觸れ合うことを防止し、金屬が錆びることを防いでいます。

日本サン石油 オートモーティブルブ

色小说-春色校园亚洲综合小说