sunoco日本サン石油株式會社

SUPER GTレースレポート

ホーム > 製品情報 > オートモーティブルブ > モータースポーツ > SUPER GT > レースレポート 2019 SUPER GT Rd.1 岡山

2019 SUPER GT Rd.1 岡山

2019年4月13日(土) ~ 14日(日)予選:天候/曇り 路面/ドライ
決勝:天候/雨  路面/ウェット

いよいよSuper GT 2019が、岡山國際サーキットで開幕した。つちやエンジニアリングは、セカンド?ドライバーに 佐藤公哉選手を迎え入れ、2016年以來2度目のシリーズ?チャンピオン奪還に向けたチャレンジの開始だ。

公式練習&予選

今回もGT300クラスのQ1はA組、B組に2分され、それぞれの上位8チームがQ2に進出できるシステムが執られた。B組に振り分けられた#25HOPPY86MCのQ1擔當ドライバーは佐藤公哉選手。移籍後初の予選で緊張もあったのだろうが、3位の好成績でQ2に進出、エース松井選手にバトンを繋げた。Q2擔當のエース松井選手は、渾身のアタックでトップと0.3秒差の5位で予選を終えた。

決勝

決勝當日の朝はどんより曇り空。サポートレースが始まる頃には雨が降ったりやんだりとなり、Super GTの決勝スタート直前には本降りに。これにより決勝はセーフティ?カー先導のスタート方式が執られた。#25HOPPY86MCのスタート?ドライバーは佐藤公哉選手。結局セーフティ?カーの先導は3周続き、4周目から2019年度Super GTの火ぶたが切って落とされた。さあここから!という1コーナー出口で1臺のマシンが#5マッハ車検MC86にヒットし、そのままクラッシュ。次の瞬間 目を疑う光景が???なんとクラッシュしたのは我らが#25HOPPY86MCであった。
こうして開幕戦はあっけなく終了してしまった。その後もクラッシュが続き、レース自體も4度のセーフティ?カー導入という前代未聞の展開。GT300クラスは全29臺中7臺がクラッシュ、リタイヤとなるサバイバル?ゲームとなり、結局30周終了時點で赤旗中斷となり、監督會議の結果そのまま中止が決定された。

クラッシュ後にうなだれてピットに戻って來た佐藤選手に土屋監督はまず、「今後の結果で(今回の貸しを)返してくれ」エース松井選手も「俺はひっくり返したけどね?(注)と。松井選手の一言にピット內はドッと笑いに包まれた。傷付いたホピ子(#25HOPPY86Mの愛稱)をメカニック全員で出迎え、ピットに収容すると早速分解。修復、再利用可能なパーツはその場できれいに洗われ、交換が必要なパーツはその場で手配されていた。誰もが黙々と次戦に向けた準備を始める姿に次戦以降の活躍を感じた瞬間であった。
(注)2017年第6戦鈴鹿で松井選手は、トップ快走中に殘り數分でクラッシュ、ひっくり返してしまった。

次回第2戦はGW中の5月3日(金?祝)、4日(土)に 靜岡県 富士スピードウェイで開催される。
#25HOPPY86MCの「復活の狼煙」を現地で観てみませんか。


引続きHOPPY 86MCの応援をよろしくお願いします。

SUPER GT レースレポート一覧に戻る

日本サン石油 モータースポーツ

色小说-春色校园亚洲综合小说