sunoco日本サン石油株式會社

SUPER GTレースレポート

ホーム > 製品情報 > オートモーティブルブ > モータースポーツ > SUPER GT > レースレポート 2018 SUPER GT Rd.1 岡山國際サーキット

2018 SUPER GT Rd.1 岡山國際サーキット

2018年4月7日(土)~8日(日)

SUNOCOは今年もSUPER GTシリーズ、GT300クラスに參戦する、土屋武士 代表率いる「つちやエンジニアリング」へのテクニカルスポンサードを実施。ドライバーは松井孝允 選手に新加入の坪井翔 選手、第3ドライバーに近藤翼 選手という體制。マシンはカラーリングが一新された「25號車 HOPPY 86MC」。SUNOCOは「つちやエンジニアリング」と共に市販製品「BRILLシリーズ」を供給しタイトル獲得を目指す。

予選

4月7日(土)
公式予選Q1、坪井選手はトップタイムを叩き出しそのままQ1突破。Q2は天候に翻弄され、松井選手が5番手でグリッドを獲得した。だが、テストから速さを実証している「25號車 HOPPY 86MC」としては優勝を狙える十分なスタートポジションだ。

決勝

スタートドライバーは坪井選手が擔當。レース序盤、11號車、21號車、31號車などと熾烈なトップ爭いを展開、そのバトルは見るものを魅了。29周を終えてピットイン、松井選手に交代。ここでは得意のタイヤ無交換作戦を採ってピットアウトしていった。ライバルがピット作業を終了すると25號車はトップとなっていた。このまま順風満帆に優勝へ???とはいかず、同じマザーシャーシでタイヤ無交換作戦で猛追してきた18號車が背後に迫ってきていた。松井も簡単には抜かすわけにはいかず必死にしのいでいたが、57周目に18號車にパスされてしまう。さらに7號車が迫り圧倒的なスピード差があったため、なすすべなく抜かれてしまった。さらに65號車が迫ってきたが、松井選手はポジションを死守し3位表彰臺を獲得した。
25號車は序盤、坪井選手のバトルでタイヤは消耗、優勝した18號車は序盤はタイヤを労わった戦いをした。マザーシャーシの開発にもかかわってきた土屋監督は全て分かっていたうえで、あえて指示を出さなかったという。チームは、技術の伝承、若手の育成という掲げた信念を貫き、「好きなように走ってきて!」と送り出したそうだ。
「坪井はこのレースですごく色んなことを経験できたと思います。人は成功體験と、悔しさが殘る失敗を體験することで大きく成長します。その両方を経験できたことが本當に良かったと思います。」と語った。

SUPER GT レースレポート一覧に戻る

日本サン石油 モータースポーツ

色小说-春色校园亚洲综合小说