sunoco日本サン石油株式會社

D1 GRAND PRIXレースレポート

ホーム > 製品情報 > オートモーティブルブ > モータースポーツ > D1 GRAND PRIX > レースレポート 2019 Rd.5 in エビスサーキット

2019 Rd.5 in エビスサーキット

2019年8月24日(土)

ランキング首位の橫井が敗退!

今季から導入された通過指定ゾーンは、ここエビスではストレートのコントロールタワー付近と、審判席付近のアウト側に設定された。その影響があったのか、このラウンドではクラッシュが多かった。金曜日の練習走行でテールをヒットした齋藤(太)や、大きなクラッシュをした寺町は修復して出走することができたが、田所は第5戦をリタイヤ。またエンジンブローを起こした石川もリタイヤとなった。そして、単走まえのチェック走行で、橫井がクラッシュ。なんとか応急処置をして単走には出走したものの、まったく本來の走りはできないまま敗退した。いっぽう、最初に走行した內海が、バランスのとれた走りで、いきなり基準となりそうな98.36點という高得點を獲得。2本目はさらに98.37點に得點を伸ばす。しかしつぎのグループで走行した齋藤(太)が、1コーナーで大きな角度をつけて旋回していく走りで98.46點を取り、トップに立った。そして最終グループ、前日にクラッシュし足まわりを修復して臨んでいた藤野が2本目にスピード、角度、キレいずれもバランスのとれた走りで、とくに1コーナーでの安定性で得點を稼ぎ98.89點をゲット。トップに立つ。このあと藤野の得點をうわまわる選手は現れず、藤野が単走優勝となった。

小橋、円熟の追走で通算2勝目!

ランキング首位の橫井が単走で敗退し、0ポイントに終わることが決まったいっぽうで、追走に進出しているランキング2位の松井、同3位の日比野はできるだけ上位に入って橫井とのポイント差を詰めたいところだ。しかし、ドリフト中にパワステがきかなくなる癥狀に見舞われていた日比野は小橋に敗れ、ベスト16で敗退となってしまう。また松井もベスト8でチャールズに敗れ、上位進出はならなかったため、両者ともポイントで橫井に肉薄するところまではいかなかった。ベスト16では內海vs川畑、北岡vs末永(直)といった好カードがあったが、內海は川畑の審判席まえの失速で勝利。北岡は先行時に指定ゾーンをはずしたり、2コーナーで失速するなどして末永(直)に敗れた。なお、末永(直)は、ベスト8で內海と対戦したが、最終コーナーの飛び出しがまっすぐぎみになってリズムを崩し、敗退した。準決勝ではまず小橋とチャールズが対戦。チャールズが先行時にスピンをして小橋が勝った。中村vs內海の対戦は、2本とも中村がアドバンテージをとり、中村が勝った。決勝は小橋vs中村。D1グランプリシリーズでは初対戦だが、かつてD1ストリートリーガルで超接近ドリフトの死闘を繰り広げたことがあるふたりだ。まずは小橋が先行。中村はストレートから小橋をとらえ、ビタビタの追走を見せるが、2コーナーで後れをとってしまう。接近ポイント6で、DOSS點と合わせたポイントでは小橋が4ポイントのリード。2本目は中村が先行。もっとも接近した距離は中村ほどではないものの、小橋は最初から最後まできれいに中村と近い距離を保ち、8ポイントの接近ポイントを獲得。中村にゾーン不通過があったこともあって、小橋が通算2勝めを決めた。

D1 GRAND PRIX レースレポート一覧に戻る

日本サン石油 モータースポーツ

色小说-春色校园亚洲综合小说