sunoco日本サン石油株式會社

D1 GRAND PRIXレースレポート

ホーム > 製品情報 > オートモーティブルブ > モータースポーツ > D1 GRAND PRIX > レースレポート 2019 Rd.3 in 十勝スピードウェイ

2019 Rd.3 in 十勝スピードウェイ

2019年7月27日(土)

松井有紀夫が橫井昌志の連勝を止めて優勝!

単走結果

昨年につづいて2回目の開催となる十勝スピードウェイでのD1グランプリシリーズ。メインとなるコーナーは昨年と同様だが、競技區間は若干変更になり、昨年よりコーナーひとつ手前からスタートし、審判席に向かうストレートで振り返しを入れる。いっぽうでふたつめのコーナーを抜けた先での振り返しはなくなった。また、昨年はふたつのコーナー間でドリフトをつなげることが要求されたが、今回はつなぎ區間がもうけられ、完全にドリフトが戻ったり大きく振られたりしなければ、いちど角度を起こして次のコーナーに向けて再度角度をつけることも認められた。高得點をとるためには、審判席まえへ向かう振り返しでするどく向きを変えたいが、ここで角度をつけすぎるとつなぎ區間までドリフトが屆かない。角度と振りの絶妙なバランスが要求された。そのなかで、Aグループで走行した橫井が最初の振り出しするどさと、そこからの大きな角度で得點をかせぎ、1本めに97.96點をとると、タイヤ溫存のために2本めの走行をキャンセルする。Bグループでは、中村が同様に最初の振り出しと、その先の角度で點をかせぎ、後半のコーナーでも角度を維持して1本めに98.80點をマーク。橫井の得點をうわまわり、2本めをキャンセルした。川畑もおなじ部分で得點をかせぎ、振り返しでもクイックな振りを見せたが、後半の角度不足で點を落とし、1本めは98.23點で中村におよばない。川畑は2本めにも出走したが、振り返しで角度をつけすぎて失敗し、中村が単走優勝となった。

松井が橫井の連勝をストップ!

追走結果

ベスト16から末永vs藤野という好勝負があった。おたがい大きなミスのないいい走りを見せたが、接近ポイントもDOSS點もわずかに藤野がうわまわり、藤野が勝った。川畑vs北岡も、後追いからはたがいに接近ポイント3をとりあう好勝負。2本の走行の合計點は同點だったが、先行時のDOSS點の差で川畑が勝った。なお、単走4位だった小橋は、プロペラシャフトの破損で走行できず、リタイヤとなった。ベスト8では中村と藤野が対戦。1本目には、藤野のスピードを意識してセッティングを変えたのが裏目に出て、中村がなんどもコースアウトするミス。2本目は中村が藤野をプッシュしてしまい、藤野が勝った。川畑は日比野に接近する場面もあったが、そのあとで失速し、ベスト8で敗退した。ベスト4に勝ち上がったのは藤野、松井、日比野、橫井。松井は後追いでの接近ポイントだけでなくDOSS點でも毎回のように高い得點をマークしていた。まずは藤野と松井が対戦。松井は後追いで5ポイントリードすると、先行時にも高得點をマーク。藤野も後追い時の後半では寄せたが、途中角度が淺くなる場面もあって得點が伸びず、松井が勝った。日比野vs橫井の対戦は、まず先行の日比野にコースアウトがあり、橫井がビタビタにつけていたこともあって大きく橫井アドバンテージ。日比野は後追い時には後半から近いドリフトも見せたが逆転には至らず橫井が勝った。決勝は松井vs橫井。橫井は勝てば開幕3連勝だ。まず後追いの橫井が終始近いドリフトを見せて7點のアドバンテージを獲得する。しかし入れ替えた2本目、松井も振り出しから近いドリフトを見せると、橫井が最後のコーナーでアウトにハミ出し、今度は大きく松井にアドバンテージ。松井の逆転勝ちとなった。

松井有紀夫選手コメント

ぜんぶギリギリで今回來まして、練習からなんとなくギリギリ、単走も1本目失敗して、追い詰められて、ギリギリなんとか決まって殘れて、そのあともいろいろギリギリのことがいっぱいあって、本當スレスレのところで決勝まで來て、最後は橫井選手のミスで決まったんですけど、ほんとすべてがギリギリのなかで、クルマがすごくよくて、メカががんばってくれて、タイヤとメカのおかげで走りきることができました。このあともしかしたらマシンが替わったりする可能性もありますし、まずはできあがったこのマシンでもう1勝したいな、っていうのがまずひとつの目標としてあったので、そこを達成できたので。今回は土日デュアルなので、この勢いのまま明日も走れたらいいなと思っています。

D1 GRAND PRIX レースレポート一覧に戻る

日本サン石油 モータースポーツ

色小说-春色校园亚洲综合小说